正直にすすむ


いきいき、のびのびしているものがすきです。

先ほど、双子のまほさん・なほさんが活動している、

あーすじぷしー のイラストを見ていたら、それがとってものびのび、いきいきしていて

すきてきだったので、わあ、とぐうーんと見入ってしまいました。

そうしていたら、急にわたしのページもまっさらのまっしろにしたい!

気持ちが高まって、まずとりあえずの白いページを選びなおしました。

Owndにまだこれで3つしか記事がないのに、寂しい感じがするんじゃない?

という声を超えて、一番初めの気持ちを優先してみました。


思えば大人になると、社会人になると、直感に動かされて瞬時に思ったことがあっても、

まてよ、それでも、それは受けがよくないな、こっちの方が印象いいな、

など、そんなこと大連続の人生でした。


でも、そういうのは、もういいかなあ、と素直に受け入れました。
あーすじぷしーの生き方の影響が絵から伝わって来たのかもかもしれませんね。


ついこの前はピンク系がいいな、と思ったばっかりだったのになあ。

地味なのがいやだなー華が欲しいなーと思ったのでピンクにしてみましたが

今日はもっと白く、白く、なのです。


真っ白いところに、明るい夜明けの濃紺や、クリアなグリーン、クリアな紅い色を

染めてみたい、そんな気持ちでいっぱいになりました。


そう、真っ白いところに私が魅かれる色を塗りたいんですね。

どうも私は絵がかけない、という思い込みがあるようなんですが、

色をぬってみたらどうでしょう、あなたの好きな。という気持ちがします。



きょう、保健師のお仕事はお休みでした。

朝から身体が重くて背中と節々が硬くぎしぎししていたので、本を読んだり、眠くなったら

読んだ本をわきに置いて、すとんと眠るというのを何度か繰り返しているうちに、

あら、夕方になりました。


ちょっと前のわたしだったら、それでも、と無理をして動いていたことでしょうねえ。

こういった不調は長年のお付き合いなので、付き合い方も最近やっと少し上手になって、

あれこれ過剰な心配はしないようになりました。10年以上もかかってしまいましたけども^-^



これから、身体のケアを受けに行って、その後ちょっとした打ち合わせに出掛けます。

いつも思うのですが、こんな不調の日も、日が沈み、夜が近づくと動きやすくなる体質のようです。


いまは無理をしない、からだと自分の気持ちを優先していきたいな、と思っているんですよ。

それでも、一歩外部の仕事に出れば、そうとも言えないので、目下、試行錯誤の訓練中です。



明日は、玉川学園前に、山川紘矢さん・亜希子さんご夫妻が主催する「スピリットダンス」に

仕事の後、少し遅れて参加する予定です。

前回はじめて参加したのですけど、とっても楽しく、平和で自由なダンスです。

曲に合わせて、ただただ自由に、思うままに踊ればいいのです!


わたしは体力が余りある方ではないので、座りたいなあ、と思ったら座ってゆったりしたり、

横になったり、本当にそれぞれが自由でハッピーな時間なので、とっても楽しみなのです!


こういった、感じるままに、したいように、動きたいようにどう踊ってもいいんだよ、

という場にいくと、自分のもっている本来の身体リズム感、というのを思い出して、

また一歩、わたしって、こういう人なんだ、これが私なんだ、わたしのリズムなんだ、

といった気づきがあってうれしくなります。



わたしはどうも、スロウな身体リズム感を持っているようです。

なので、都心を自分のスピードで歩いていると、どんどんどんどん、

大股のビジネスパーソンが追い越していくんです。

それでも、わたしの身体リズムを大切に活かせることは必ずあるんだ、

って思っているんですよ#^^#



わたしが わたしらしく生きる。

そのためには、「わたし」という人がどういう人なのか、

何をしたいと思ってこの世界に生まれて来たんだろう。

そのために何をしたいのだろう。


わたしという人に、一つ一つの出来事、正直に対面していくことで、
その答えがきっとわかるんだ。

のびのび、いきいき、自由に楽しく生きたいなあ!
そして役に立ちたいなあ!



今日はサイトのギャラリーにある写真をお借りしました~☆ 

^^♪アメブロはお休みしていてご無沙汰していたのに、前回ブログに来てくださって

足跡を残してくださったところに、訪問させていただいて、

とてもなつかしい、うれしい気持ちになりました!


やさしい野生時間 ∞ マザーアース レター

このサイトを運営している、はなナース・菊地さちこです。 母なる自然、母なる大地に愛をこめて。 「やさしい野生時間∞マザーアースレター」と名付けました。 ここでは、肩の荷物も、余計な心配も置いて、ゆっくり自然のリズムに身を任せてくつろいでくださいね。

0コメント

  • 1000 / 1000