横浜 湧水の森

水の流れがすきです。

あの、水が生まれて流れるどぼぼぼぼ・・・ という音がすきです。 

関係ないかもしれないですけど、
水商売というのは そんな水の流れのような、
きらきらしていて、 それでいて永続性というより、
いつどうなるか、枯れるのか、 勢いが増すのか?
といった在る意味不確さのある人気商売、という気がします。


ずいぶん前、前の担当美容師さんが、
「ボクたち水商売は・・・」 とはなした言葉に、
なになに・・・?と反応してしまいました。

水もの、という言葉には、どうも生々しいきらめきがあります。
そういう意味での水商売、というものに何やら魅かれてしまうんですよ。

水はいろんな自然の要素が絡み合って、
ろ過されてこの地表にようやく、きらきら生まれてきます。

前置きが長くなりまして・・・ 
いちおう横浜の片隅に住んでいます。
横浜は郊外に行くと、自然タウンなんです。

通りがかりに、湧水のある天王森公園で、先週水音タイムしました。
食事の写真は、その帰りに藤沢で打ち合わせを兼ねたときのです。
ヴェジ&オーガニック(^-^)

今夜の横浜は雨で冷えます。あたたかくしてお過ごしくださいね。
来てくださってありがとう! ございます。Sachiko


やさしい野生時間 ~ Mother Earth レター

書いている人:菊地 幸子 Nurse・保健師・植物系いのちのセラピスト/ 花や自然、食と農をいかしたヘルスケア活動、はなナース準備中。