植物のエナジーと未来のヘルスケア

通りかかった小道にある、大きな木の下で立ち止まり、
ふと、お日さまが射す上の方を見上げました。
「あらまあ、なんとなんと深まりゆく秋色へのグラデーションなのかしら!」と
その美しさに感嘆したり、美しすぎて!はあ~っと、しんみり。


その大きな木の下で、秋色グラデーションの光線が降り注ぐ中、
まるですっぽりと、木や秋色葉っぱに包まれるような気分になって
不思議と心鎮まり、疲れが癒された気持ちになりました。


芸術はこころを高みへと連れて行ってくれますが、
自然のこの芸術は、刻々と変化していって、
一時だって、おなじ姿をとどめていないのですから
❛生きた躍動感のある芸術❜ といってもいいですね。




人間を全体から包括的にとらえてアプローチする
ホリスティック医療や看護では、
生命エネルギーという、
わたしたち生命を持った身体を取り巻くエネルギー磁場も、
心身にいろんな影響を及ぼす、とされることがあります。



植物が、その生命(生体)エネルギーにプラスの影響を与える、
という考えに基づいたセラピーでは、
イギリス人医師 / エドワード・バッチ博士が生み出した花療法
「バッチフラワーレメディ」や、フラワーエッセンスが有名ですね。


わたしもかれこれ14年くらい前に、スタートアップの講座に出たり、
自分でも、これまでいくつか体験したりして、
その繊細ながら、確かにじわじわ伝わるセラピー力を感じたりしていて、
今でも必要だ、と自分が求める時に使っています。


フラワーエッセンスに限らず、
アロマセラピーや、フラワーヒーリングでも、
すでにその微細な領域への影響を念頭に置いて、
セラピーに関わっている世界的な実践家の方もいらっしゃいます。



花やハーブ、植物のもつ固有のエナジーが、
わたしたちや、ペットのこころを
ゆるやかに、ある時は速やかに癒してくれることもある。

ということを、この世界の人の、半分、
いやいや、20~30パーセントの人々でも関心を持って、
ヘルスケアの一つの方法として取り入れる時代が来たら、
この世界はその時、どんなやさしい表情をみせるのだろう・・・

そんな日を少し遠い未来に待ち望んで、
まずは、目の前の小さなことから。

その時の私に出来る、小さな当たり前のようなことを、
確かに一つ一つ進めていきながら、
一先ず、これから数年後に迎える50代まで歩いて行こうと思います。

ひとつひとつ、ハートフルで安定感のある出会いがつながっていきます。


Mother Earthレターは来月で1歳になります。
1つの区切りとして、1歳まではがんばってみようかな。
その後のことはそれからまた考えよう、と思う、牡牛座の満月でした。


この満月を機にふだんブログの方は、
シェイプ・アップのつもりで少しお休みすることにしてみました。
そして最近upしていなかったインスタも卒業して、アカウントを閉じた今日です。

これまでありがとうございました。
ステキな写真を撮られる方、キャプションのメッセージが印象的な方など、
いろんな刺激をいただいていました。


何ごとも、いま現在の自分にとってこれは必要、
と本当に感じるものだけにキュキュキュっ、と
シェイプしたい気分なので、
それを大切に尊重しています。

私の場合、なにか、やっていて楽しいですとか、
そのかけた時間に見合う、達成感のようなもの感じるよりも、

「そろそろupしなければ」などなど、そちらのほうの思いの方が大きくなるものは、
いまのわたしにとって、手放したほうがよいものなのだな、と思っています。

牡牛座満月の今日は、
仕事でも牡牛座を象徴するような、
ゆったりと安定感のある打ち合わせやおしゃべりを。

美しいもの、ほんとうにおいしいものが大好きな牡牛座です。
そしてランチは、目も心も満たそうということで、
いつもよりグレードアップ。某フルーツパーラーでのパフェとランチを。

帰りには、牡牛座の守護星でもある、
金星を象徴する、バラとレモンリーフのブーケを買いました。


ということで、個人的にすきなものや
価値観らしいもの、こだわりどころに共感できる共通項が多くて、
やっぱり、牡牛座好きかな。


わたしたち、そしてペット達、自然に暮らす生きもの達が幸せでありますように。
花々に、樹々に、聖なる癒しのハーブに愛をこめて。

次回は11/8 蠍座の新月に更新予定です。


やさしい野生時間 ~ Mother Earth レター

書いている人:Sachiko LOHAS志向の保健師・Nurse

0コメント

  • 1000 / 1000